ゲームのニュース・日記・トロフィー情報をお届け

次回のPlayStation4 システムソフトウェアアップデートの内容が明らかになりました。 「フレンド同士のつながりを、もっと便利で楽しく!」の文言通り便利な機能が追加されそうです。 【システムソフトウェア バージョン3.50の内容】 ユーザーによる「イベント作成」の ...
スポンサーリンク

2016年3月のPS Plusの提供コンテンツ情報が更新されました。 『朧村正』や『HELLDIVERS』などなかなか充実した内容ではないでしょうか。 全文はこちら PlayStation Blog| PlayStation®Plus提供コンテンツ 3月の更新情報! 【フリープレイ】2016年3月2日(水)~2016年4月5 ...

【記事目次】 『ドラゴンクエストビルダーズ』の記事目次です。 ドラクエの世界観を活かしたサンドボックスゲームとして手軽に楽しむことができました。 フリービルドモードは少し味気ない気もしますが、次回作があればまたやってみたいです。 【トロフィ ...

今回は残りのトロフィーについてです。 チャレンジ関連以外のトロフィーは多くがシナリオ進行中に自然に解除されます。 残る可能性があるのが今回の記事のトロフィーですが、いずれも簡単に獲得できます。 【プレイメモ】 「爆破テクニシャン」以外は、特に意識しなくても ...

今回はラダトーム編の「30日以内でクリア」チャレンジについてです。 ラダトーム編はもっともクリアまでのクエストが少ない章です。 余裕を持って進めるのもいいですし、真剣にタイムアタックに挑戦するのもいいでしょう。 【タイムアタックチャレンジ ラダトーム編】 既 ...

今回はラダトーム編のチャレンジについてです。 【チャレンジの基本情報】は他のチャレンジ記事と同じ内容です。 必要に応じて読み飛ばしてください。 【チャレンジについて】 【チャレンジの基本情報】 チャレンジは、完了時ではなく章クリア時のリザルト画面で成否が ...

今回はマイラ・ガライヤ編の「30日以内でクリア」チャレンジについてです。 マイラ・ガライヤ編は戦闘が多く発生する章です。マッチョな仲間や大砲を活用すると楽になります。 夜になると仲間は寝てしまい誘うことができないので、必要に応じて早めに誘いましょう。 【タ ...

今回はマイラ・ガライヤ編のチャレンジについてです。 【チャレンジの基本情報】は他のチャレンジ記事と同じ内容です。 必要に応じて読み飛ばしてください。 【チャレンジについて】 【チャレンジの基本情報】 チャレンジは、完了時ではなく章クリア時のリザルト画面で ...

【DLCはロボットコンパニオン、クラフト拡張、新たなエリアの3種】 『Fallout4』の3種のDLC「Automatron」「Wasteland Workshop」「Far Harbor」が正式発表されました。 3月から順次配信予定となっています。(日本は少し遅れる?) <2016.03.15 追記> 「Automatron」 ...

今回はリムルダール編の「30日以内でクリア」チャレンジについてです。 リムルダール編は、病人の快復や作物の育成に夜明けを待たなければならないため時間がかかりがちです。 病人の救出やたね植えは夜が明ける前に完了させるようにしましょう。 【タイムアタックチャレ ...

今回はリムルダール編のチャレンジについてです。 【チャレンジの基本情報】は他のチャレンジ記事と同じ内容です。 必要に応じて読み飛ばしてください。 【チャレンジについて】 【チャレンジの基本情報】 チャレンジは、完了時ではなく章クリア時のリザルト画面で成否 ...

今回はメルキド編の「20日以内でクリア」チャレンジについてです。 メルキド編のタイムアタックチャレンジは、「ピリンのわらベット依頼をクリアするまで時間が流れない」と言うボーナスタイムがあるので その間に素材を集めることでかなりの余裕が生まれます。 【タイム ...

今回はメルキド編のチャレンジについてです。 チャレンジは別々のデータで達成しても合算されるので難易度は高くありません。 【チャレンジについて】 【チャレンジの基本情報】 チャレンジは、完了時ではなく章クリア時のリザルト画面で成否が判定される チャレンジを ...

今回はトロフィー概要についてです。 合計トロフィー数が20個と少なめですが、ゴールド7個シルバー10個と効率がいいトロフィーリストです。 チャレンジ関連のトロフィーを除けば、多くのトロフィーがゲームをクリアすれば解除され作業もほとんど無い優しい構成になっていま ...

終章ラダトーム編をクリアしました! 最終章は早い段階で多くのアイテムが作成可能になりキャラも次々登場するので、短く感じました。 拠点の発展の面では、いままでの「街」から「城」っぽい素材が使えるようになり、城内をリフォームする感覚で新たな気持ちで楽しむ事が出 ...

↑このページのトップヘ