第一章 メルキド編が終わったので感想を書こうと思います。
ついでに、メルキド編で入手可能なアクセサリについてもメモを残しておきます。

【プレイ日記】

トロフィーリストを見て4章構成なのは知っていましたが、予想以上にメルキド編のボリュームがあり嬉しい悲鳴状態です。 と言っても時間がかかった原因は、街の発展(構築)に多くの時間を費やしたからですが。裏を返せばそれ程クラフト要素は楽しめました。
作成はできないけれど、破壊して入手できる素材をを含めれば1章でも200種類以上のアイテムがありました。


【ドラゴンクエストビルダーズのココがイイ!】~1章を終えての感想~

  • 豊富な素材で多彩なクラフト。特に装飾アイテムは充実。

    1章でも終盤になれば相当量の素材が入手可能で、様々なブロックを駆使して街を構築していくことができます。 部屋を飾るアイテム(かざり家具)の種類が特に豊富で、それらを工夫して配置する事で似通ってしまいがちな部屋にも特徴が出せます。 アイテムの中には住人がアクションしてくれるモノ(テーブル上の食事など)もあり街づくりのし甲斐があります。


  • 「CAMPスコア」で発展度が一目瞭然。「部屋レシピ」を探す楽しみも。

    単にブロックを積み上げて街を造るのも楽しいですが、せっかくだったら評価や目標が欲しいところ。
    CAMPスコアは街の発展度を示す数値で、部屋の作成や、装飾品を配置する事で増加していきます。 自分好みに増築して部屋を作り飾り立てればCAMPスコアとして数値化され評価されます。
    また、単純にアイテムを配置するだけでもスコアになりますが、部屋の特徴を表す特定のアイテムの組合せ(=部屋レシピ) に従って部屋を造るとボーナススコアが得られます。 さらに住人や主人公を強化する特殊効果(回復量UPなど)を持つ部屋レシピもあるので造ったり探したりする動機付けにもなります。


  • 懐かしく心地よいBGMと効果音。ロード時間の短さ。

    BGMと効果音が良いのは多くの方が感想で述べているとは思いますが、それでもやっぱり雰囲気にマッチして心地よく感じます。 効果音も言わずもがな。レベルアップ音やクエストクリア音を聞くと「ドラクエをやってる!」と実感が湧いてきます。
    あと忘れてはならないのが短いロード時間です。ロード待ちはほとんどなく非常に快適です。 ロード自体がセーブデータの読み込みと旅の扉の移動(FT)くらいしか無く、しかも速いです。
    (章に分割・縦マルチの?メリットでしょうか)


【プレイメモ】

【メルキド編で入手可能なアクセサリ】

トロフィー攻略にも多少関係するのでメルキド編で入手可能なアクセサリについてまとめてみました。

<メルキド編のアクセサリ一覧>

No 名称 効果 入手場所
1 そらとぶくつ 2回ジャンプできる 荒れた城周辺にある骸骨の墓をつくる
2 メルキドグリーブ 落下ダメージを受けない ピラミッドの内部の宝箱
3 りゅうのうろこ 守備力+5 旅のとびら・赤の先のドラゴンがドロップ

<入手方法>

  • そらとぶくつ
    1. 旅のとびら・青の先、荒れた城周辺にあるわらのベットと骸骨を探す [画像]
      (人によって出現場所が異なり、洞窟の中や丘の上などランダムなようです)
    2. 骸骨の上に「土のブロック」を置き、その上に「石の墓」を置いて供養する
    3. 幽霊が現れて会話をすると入手

  • メルキドグリーブ
    1. 旅のとびら・赤の先、ピラミッドの中を道なりに進むと右手に土ブロックの壁がある[画像]
      (最奥の広場から戻る時の方がわかり易いかもしれません)
    2. 壁を破壊して奥に進みツタ(2箇所あるので注意)を登った先の宝箱から入手


  • りゅうのうろこ
    1. 旅のとびら・赤の先、ハゲの鍛冶屋が居た場所から西北西の方角にドラゴンが居る [画像]
    2. ドラゴンを倒すとドロップする

スポンサーリンク
スポンサーリンク