【システム面の発売前情報おさらい】

発売日もいよいよ迫ってきましたので、復習も兼ねて判明している情報を整理してみました。
マッチングの指標や協力プレイの時間制限などユーザの不満が多かった点が変更されている印象です。

arrow 各素性の装備品とステータスまとめはこちらから


【前作とのシステム面の違い】

前作と変更がある項目は色をつけています。
『ダークソウル2』で導入された仕様がことごとく元に戻っているような気がします。
項目 ダークソウル2 ダークソウル3
海外とのマルチプレイ 可能(オプションで地域指定も可) サーバーは全世界共通
合言葉マッチング なし あり(マッチングし易くなる)
マッチングの指標 総獲得ソウル量 レベル
協力プレイの制限時間 あり なし(ボス撃破 or ホスト死亡まで)
パラメータの振りなおし 可能(ソウルの器) 一定条件下で可能
篝火間のワープ あり あり
魔法の使用方法 回数制 FP(MP相当)制
敵の枯渇 敵を倒し続けると復活しなくなる 敵の枯渇はない
ニューゲーム+ あり あり(敵の再配置も)


【新要素】

【FPとソウルの灰瓶】

FPとはフォーカスポイント(集中力)の事で、「魔法/戦技ポイント」と言い換えることができます。
戦技の発動や魔法の使用するとFPが消費され、無くなると発動できなくなります。 消費したFPは篝火で休息するか「ソウルの灰瓶」(HPのエスト瓶に相当)を使用すると回復することができます。


【戦技】

『ダークソウル3』で新たに追加されたアクション。各武器ごとに戦技が存在し使用するにはFPを消費する。
発動するには、武器を両手持ちにしてL2(もしくはL2長押し)する。

<戦技の例>

  • 「戦技:構え」(ロングソード):L2ボタンを押し続けることで構え状態になる
  • 「戦技:ウォークライ」(バトルアクス):しばらくのあいだ攻撃力が上昇する
  • 「戦技:連射」(ショートボウ):弓の連射性が増し、ローリングから素早く矢を放つことも可能
その他の武器の戦技や戦技の動画は下記の記事を参照。 arrow 各素性の装備品とステータスまとめ


【残り火】

前作の「人の像」に当たるアイテム。ただし『ダークソウル3』では死亡時の亡者化は廃止されている。(別の状況で亡者状態になることはある模様) 「残り火」を使用すると火の力を一時的に取り戻し以下の効果が得られる。
・霊体の召喚が可能になる
・一時的にHPが増える(20%程度?)

つまりデスペナルティが緩和され、「残り火」で前作までの生者化に相当するアドバンテージが得られる。


【その他の判明していること】

  • オンラインは最大6人までプレイが可能(「干からびた指」使用時)
  • 最大レベルは802
  • 誓約用の指輪枠が存在する
  • 両手持ちで二刀流になる武器が存在する
  • 隠し扉・壁が存在する。(チェック方式か攻撃で開く方式か不明)
  • 「エスト瓶」はスタート時に4回使える
  • 装備品の耐久度は『ダークソウル2』より壊れにくく調整されている


<ロンチトレーラー>
スポンサーリンク
スポンサーリンク