『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』追加要素についてまとめてみました。

arrow 【関連記事】キャラクターとジョブの特徴からジョブ構成を考える
arrow 【攻略記事】トロコンまでのポイントや気づいた点を簡単にご紹介



【FF12 ザ ゾディアック エイジの追加要素まとめ】

1. 『FFXII』オリジナル版
2006年3月発売。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリングタイトル第12作目。新作としては最後のPS2用タイトル
2. 『FFXII』インターナショナル版
2007年8月発売。正式名は『ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム』FF12 IZJSゾディアックジョブシステム(12のジョブを選択可能。オリジナルは全員同じだった)やトライアルモード強くて/弱くてニューゲームなどが追加
3. 『FFXII』ザ ゾディアック エイジ(PS4版)
2017年7月13日発売。(FF12 TZA)上記の「FF12 IZJS」をベースにPS4向けにHD化を行ったリマスタータイトル。「FF12 IZJS」からの追加・変更要素もある

今回発売される「FFXII TZA」は、オリジナル版から様々な要素が追加された「FF12 IZJS」をベースに、さらにいくつかの追加・変更が加わったPS4向けリマスタータイトルです。 オリジナル版しかプレイしていない場合は、「FF12 IZJS」「FFXII TZA」の変更点を一挙に遊ぶことになるので、かなり違った印象になりそうです。


【追加要素の詳細】

「FF12 IZJS」の追加要素と今回発売される「FFXII TZA」でさらに追加・変更された点について分けて箇条書きにしました。 オリジナル版と比べると下記全てが新要素で、「FF12 IZJS」をプレイした人にとっては「FFXII TZA」の変更点が新要素となります。

<オリジナル版から「FF12 IZJS」での主な変更点>

  • 成長要素のライセンスボード12種類に増え選択式に
  • ジョブの概念が導入された
  • 敵の強さや技の強さなど、戦闘のバランスを大幅に変更
  • トライアルモードの追加
  • セリフが英語になり、日本語字幕を追加
  • 4倍速モードの追加
  • 新アイテムや新ガンビットなどの追加
  • 召喚獣やミストナックが使いやすくなるなど、システムを調整
  • ゲストキャラや召喚獣を操作できるようになった
  • 強くてニューゲーム、弱くてニューゲームを追加
  • そのほか入手アイテムの変更など、ゲームバランスを大幅に変更

<「FF12 TZA」の追加・変更点>

  • 映像表現力の向上。背景やフォント、ムービーシーンも全て高解像度化
  • 1キャラクターにつき2つのジョブが選択可能に(IZJSでは1つだった)
  • 上記により全12ジョブを”6人×2ジョブ”ですべて習得も可能に
  • 音声は日本語/英語 の2バージョンから選択可能
  • 7.1chサラウンドに対応し音声を高音質化。BGMは"オリジナル盤"と"新録盤"の2バージョンを収録
  • 書き下ろし新曲を8曲も収録
  • ロード時間が大幅に短縮され、オートセーブに対応
  • 倍速モードが4倍速・2倍速から選択可能に
  • L3でマップが画面全体に透過表示され、複雑な地形が把握し易く
  • バトルでの行動の"順番待ち"が解消
    (PS2の性能上の制約で魔法などの同時発動が不可だった)


1キャラにつき2ジョブが選択可能に
もっとも大きな変更点のひとつは2ジョブが選択可能になった事です。これで1周での全ジョブ習得も可能になり様々な能力を存分に堪能・発揮できます。 もちろん重複するジョブも選択可能で、自由にキャラクタを育成できます。
ジョブはメイン・サブの概念というより2つジョブから好みの能力を習得して行くイメージのようです。
arrow 【関連記事】各ジョブ・キャラクターの特徴

【各ジョブの特徴】

  • 白魔道士:回復やサポートが得意
  • ウーラン:槍による攻撃が得意
  • 機工士:銃による攻撃が得意
  • 赤魔戦士:緑魔法と裏魔法をあやつる
  • ナイト:剣と盾をあつかう戦士
  • モンク:素手による攻撃が得意
  • 時空魔戦士:時間と空間をあやつる
  • ブレイカー:斧による強力な一撃を繰り出す
  • 弓使い:弓による中距離からの攻撃が得意
  • 黒魔道士:攻撃魔法が得意
  • もののふ:刀による連撃が得意
  • シカリ:ダガーや軽装備の防具で身軽に戦う

映像表現力の向上
リマスタータイトルですので、当然と言えば当然ですが映像が美しくダイナミックになっています。 背景やフォントなども含めたすべての「2Dパーツ」も高解像度化されておりその進化は一目瞭然です。
表現能力の向上の恩恵はバトルにも及び、エフェクトの迫力が増し、PS2時代に足を引っ張った「行動待ち」も解消されています。

快適なプレイを提供する細かい変更
ゲーム体験の質を向上させるさまざまな変更・追加要素が施されています。
  • ロード時間の短縮
  • 2倍速/4倍速変更可能
  • オートセーブに対応
  • 全体マップの透過表示
  • 音声の日本語/英語対応
  • BGMのオリジナル/新録音の選択


【トロフィーリスト】

「FF12 ザ ゾディアックエイジ」のトロフィーリストは下記のサイトで閲覧できます。 トロフィーアイコンもなかなか凝っていて悪くない印象です。
ストーリー系のトロフィーもありますので 小さなネタバレも気になる場合はリンクをクリックには注意してください。
arrow Exophase.com
FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE


トロフィーリストを参照して見えてきた、気になる点やトロフィーコンプへ向けての注意すべきポイントなど 現時点の情報から軽く考察してみました。
トロフィー構成と注目点 トロコンへ向けて (クリックで展開)

【トロフィー構成】

STORY系のトロフィーに始まり、回数系、討伐系、収集系など馴染み深いトロフィー構成です。 明確に周回を要求するようなトロフィー(「弱くてニューゲームでクリア」など)も見当たらないので、1周でトロコンできるのでは?と思います。 (アイテムの入手条件などで周回が関係する可能性も無くはありません…)
  • STORY系(ストーリー関連 8個確認)
  • カウント系(たたかう・まほう・わざ・盗む・チェイン・歩数)
  • 討伐系(モブハントの強敵多数)
  • 収集系(ギル・おたから・わざ・まほう・敵・ミストナック・エリア)
  • トライアルモード(ステージ100)


【気になるトロフィー】

「ルーンコマンダー」「トリックマスター」:すべての まほう/わざ を入手した証

すべてのわざと魔法と言うことは、1周で集める前提とすると「全12ジョブを重複なく各キャラに振り分ける」のが無難と思われます。入手習得を勘違いしていました。解除条件は”入手”なのでライセンスが無くても問題ありません。コメント頂きました)


「ブックメーカー」:ハントカタログをコンプリートした証

通常のモンスターだけでなく、エリアチェンジや天候でPOPしたり、一定時間待機するなどさまざまな条件で出現するレアモンスターも多く存在します。 全体としての数も多いのでコンプリートには時間がかかりそうです。出現条件がインターナショナル版と変わっていない事を願います…。

「ユニオンズパワー」:ミストナック連携後の融合技をすべて発生させた証

ミストナックの融合技は、制限時間内に適切なボタンを押して連携を繋げると発生します。 ミストナックレベルや繋げた回数に応じて異なる連携技が発動し、高レベルかつ連携回数が多いと強力な融合技が出ます。 最上位の融合技を出すには、時間内に多くの連携回数とレベルも要求されるので、連打や運が必要になってきます。


【トロフィーコンプへ向けて】

トロフィーリストのみの情報ですので少々的外れになるかもしれませんが、下記の点を意識してプレイすると良いかもしれません。
トロコンを目指す上で至極普通の事ですが、一区切りついたセーブデータを残して置くと、時限など何かあったときの対応が取り易くなります。

    <意識したいポイント>

  • 全わざ・まほう習得のため、全12ジョブを重複なく各キャラに振り分ける
  • 超強力なモブ討伐に向けて、ジョブ構成やライセンス(特に召喚獣)の取得は慎重に
    arrow 【関連記事】各ジョブ・キャラクターの特徴
  • ハントカタログコンプのため、意識して全敵と戦う(もどれない場所あるかも?)
  • やり込み要素は、モブハント(強敵)とトライアルモードあたり
  • 戦闘に関するカウント系(たたかう・わざ etc)は少なめで自然に達成できそう
  • 歩数・ギル・ライセンスポイントあたりが桁が多いが、(ブロンズだし)やり込み要素中には行けそう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメント一覧

    • 1.  
    • 2017年07月11日 06:47
    • 「すべてのまほうを入手した証」
      「すべてのわざを入手した証」

      まほうとわざは、店で買うおよび宝箱から入手します。
    • 2. 管理人
    • 2017年07月11日 12:22
    • 解除条件の「入手」を「習得」と勘違いしていまいました。
      訂正させていただきます。
      ご指摘ありがとうございました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット