『Detroit Become Human』デトロイト ビカム ヒューマン)のトロフィー攻略記事です。
今回は、全員生存させる(トロフィー「生存者」)ための各章の進め方(第四回)をまとめました。 生存するための結末やそれに導くための選択肢フローチャートを確認できます。


【はじめに】

以下に示す手順は、「全員生き残ってエンディングを迎えること」(トロフィー「生存者」)を目標として、私がプレイした際の選択をまとめたものです。 これは「全員生存」を達成する方法のひとつで、他にも異なるルートやアプローチで全員生き残らせることが可能です。

注意事項
  • 各章のポイントとなる部分に絞って記載しており、全ての選択を示すものではありません
  • 前章の選択を前提に(重要な物を取る/取らない など)次の章の選択肢を記述しています
  • 人物関係性(信頼度)のUpDownを知り得た限り記述していますが、抜けが多いと思われます
  • 前の記事対象人物や選択肢の基本方針(平和的・非戦闘など)を確認してから始めると、分かりやすいと思います。


【生き残るための各章の進め方】

大雑把には、目標結末(その章で迎えるべき結末)に向かうように進めます。重要な選択は”章の流れ”の中に記述しています。 ”Up-Down”は人物間の信頼度世論ソフトウェアの異常を増減させる選択をピックアップしています。


27「カムスキー」

目標結末「ハンクに正しい決断をしたと言われた」
章の流れ カムスキーと会い、変異体の話しをする。
クロエを撃つかテストされるが「撃たない」選択をする。

壁にカムスキーとアマンダの写真がある。
Up-Down
  • カムスキーに本心を聞かれ、「戸惑い」でソフトウェアの異常UP
  • クロエを「撃たない」とハンクの信頼度、ソフトウェアの異常UP大
  • クロエを「撃つ」とハンクの信頼度、ソフトウェアの異常DOWN大


28「自由への行進」

目標結末「マーカスが逃げ出した」
章の流れ ノースとの仲を深めたあと、デモをする。

理想としてはノースとの関係が恋人になると良い。 前半の会話で信頼を上げる選択肢がたくさんあるので( Up-Down 参照)しっかり選ぶ。 足りなければ以降チャンスがあればキスする選択を。

後半のデモでは弱腰だが「解散」して「逃げる」ルートで進める。 ジェリコメンバーの信頼が大幅に下がるが、非暴力で生き残ることができる。

【警察への対応】
  • 最初の警官の警告に「手を上げる」
  • 警告に対して「解散する」
  • 警察が発砲してきたら「逃げる」

(ジョンが、「自分を犠牲にする」マーカスの身替りになるルートでも生き残るからOKかも)
死の危険
  • マーカス:行進を警察が止めようとする際に「動かない」「自分を犠牲にする」と死ぬ可能性あり
    (19「命をつなぐもの」でアンドロイドを仲間にしていると身替りになり、生き延びる)
Up-Down
  • ”上の空ね?”の返答に「誠実に」でノースの信頼度UP
  • ノースに過去について聞かれて「誠実に」/「真実」でノースの信頼度UP
  • 「ノースの過去」について聞くとノースの信頼度UP
  • ”話す気は無い”の返答に「理解を示す」>「信頼」でノースの信頼度UP
  • デモを「解散」して「逃げだす」と、サイモン以外のメンバーの信頼度DOWN大


29「最後の切り札」

目標結末「コナーがギャビンを気絶させた」
章の流れ ハンクと協力して証拠保管室に入りジェリコの場所を突き止める。
ハンクとの関係が「友情」必須。(敵対しているとハンクが辞職して後に自殺してしまう) またジェリコに繋がる証拠(変異体の死体)が必要。(この手順では24「天敵」のキッチンに居たアンドロイド)

署内での動き
  1. ハンクと話して足止めしてもらい、証拠保管室の鍵を取る
  2. 証拠保管室に向かう際のギャビンは「無視する」

【ジェリコの場所を突き止める】
  1. ストラトフォードタワーに居たアンドロイドを分析する
  2. 再起動に必要な部品を左のアンドロイドから入手する
  3. 一度話して聞き出す事に失敗する
  4. 中央の証拠品 マーカスの演説の動画を再生し声を複製する
  5. マーカスの声でアンドロイドを騙して情報を得る
死の危険
  • ギャビンとの戦闘に負けるとコナーが死亡する
Up-Down
  • カムスキーから情報を得ていないとアマンダの信頼DOWN
  • 失敗の理由の返答に「冷たく」で信頼度UP、ソフトウェアの異常DOWN
  • 失敗の理由の返答に「感情的に」で信頼度DOWN大、ソフトウェアの異常UP
  • アマンダとの会話で「コナーシリーズ」「秘密」「サイバーライフ」信頼度DONW
  • ハンクとの会話「間違いはない」でソフトウェアの異常、ハンクの信頼度DOWN
  • ハンクとの会話「誠実」/「友情」/「ハンクの秘密」でソフトウェアの異常、ハンクの信頼度UP


30「交わる運命」

目標結末
  • マーカス:「マーカスが仲間と逃げた」(コナーを含む4人)
  • コナー:「コナーはジェリコの仲間と脱出した」
  • カーラ:「カーラとアリスがジェリコから逃げだした」(ルーサーの犠牲なし)
章の流れ 今後の展開を左右する重要な分岐が多い章
  • コナー:変異体になることを選択する(最終章で「サイバーライフタワー」へ)
  • カーラ:(ルーサーの犠牲なしで)襲撃を生き延びる(最終章「旅立ち」へ)
  • マーカス:マーカスの最終章への分岐は次の章


マーカスがジェリコの今後の方針を聞かれたら「対話」を選ぶ。
ノースから渡される爆弾の起爆装置を「拒む」

<重要>
コナーがマーカスを発見して話をする時に「変異体になる」選択をする。
(ソフトウェアの異常がある程度高い必要がある)

【ジェリコ襲撃時の対応】
カーラ
  • ルーサーが脚に銃撃を受けたら「ルーサーを助ける」
  • 扉に隠れた後のアンドロイドの助けの求めに「開けない」
  • <重要>船外まで逃げて、後ろから兵士に銃撃された時は「死んだふり」>「動かない」
    「降伏する」とリコールセンターへ。「アリスを守る」とルーサーが死ぬ)

マーカス
  • 捕われているアンドロイドを発見して「阻止する」
  • 襲われているジョッシュを見つけて「介入する」
  • 貨物室で兵士との戦闘に勝利してタイマーを作動させる
  • 廊下でノースが撃たれるので「ノースを救う」
    (例外的にノースを助けるために警官に発砲する。トロフィーに影響なし)
死の危険
  • コナー:変異体にならず、その後のマーカスとの戦闘に負けると死亡する
  • ルーサー:銃撃を受けた際に「助けない」/警官に追われた時「アリスを守る」と死亡する
  • ノース:銃撃を受けた際にノースを救わない
  • ジョッシュ:兵士と争っているところを「介入」しない
Up-Down
  • アリスの真実を聞かされた後「抱きしめる」でアリス、ルーサーの信頼度UP大
  • コナーが変異体になるとアマンダの信頼度DONW大(裏切り)
  • 今後の方針「対話」を選ぶとノースの信頼度DOWN、ジョッシュの信頼度UP(「対立」でその反対)
  • コナーとマーカスの邂逅時に多数の選択肢でソフトウェアの異常UP
  • 負傷した「ルーサーを助ける」とルーサー、アリスの信頼度UP
  • 襲われているジョッシュを見つけて「介入」するとジョッシュの信頼度UP大
  • 撃たれた「ノースを救う」とジェリコのメンバーの信頼度UP(ノースUP大


31「魂の夜」

目標結末「マーカスが仲間のためにデモを行うことを選ぶ」
章の流れ メンバーと話した後、マーカスの最終的な意思決定する
  • デモ:最終章「行進」へ
  • 革命:最終章「革命」へ

決断をする
  1. ジェリコ襲撃の要因を作ったコナーを「許す」
  2. 平和的な行進を行う「デモ」をする
死の危険
  • マーカスがコナーを「殺す」を選択すると死ぬ
Up-Down
  • ジェリコのメンバー達と話すと信頼度UP
  • 最終判断を「デモ」にノースDOWN、ジョッシュUP(「革命」でその逆)


32「運命の分かれ道」

目標結末
  • マーカス:「アンドロイドが一時的に自由を手に入れた」
  • コナー:「アンドロイドが覚醒した」
  • カーラ:「3人は国境を越えた」
章の流れ 3人のキャラクターが切り替わりながら物語の終局へと向かう。
下記の要旨を参考に、生き残る選択をしてエンディングを迎える。

コナー
  1. エレベータ内の上を見て監視カメラを「ハッキング」する
  2. 「分析」>「実行」して警備員を無力化する
  3. エレベーターを「ハッキング」し、警備員の声で行き先を指定する
  4. 別のコナーと会話した後「ハンクを救う」>「割り込む」
  5. ハンクの質問に「スモウ」>「コール」(アンロック付き)

カーラ
  1. スタート地点から少し進んだ所に居る「ルーサーを助ける」
  2. 迂回/検問は(時間が足りないので)検問へ
  3. 検問を突破する:「バス」「落ち着かせる」「風邪」「何もしない」>「何もしない」
    (スタート地点でアリスのセンサーを「そのまま」にする必要あるかも?)
  4. バスでの越境が最も安全なので「チケットを返さず」にバスに乗る
  5. トッドの対処:「訴える」>「真実」(間違えると死ぬので注意)
  6. 国境まで到達したら、ひとまず仲間と話す
  7. 入国審査で「誰も犠牲にしない」を選択(:世論支持、マーカスのデモ)

マーカス
  1. 最初の警察・兵士とのコンタクト時に「平和」>「冷静に」>「手を上げる」
  2. バリケードを補強する
  3. バリケードの中で仲間と話したり、「旗」を掲げる、「メッセージ」を示すなどして記者に訴える
  4. FBIのパーキンスとの交渉を「断る」
  5. 攻撃が開始されたら戦闘のQTEで負けない
  6. 包囲されたら「ノースとキスする」:世論支持)
死の危険
  • コナー:サイバーライフの警備兵とのQTEで負ける/最終局面の選択などで死亡する
  • カーラ:トッドの説得失敗/ボートでの越境などで死亡の可能性あり
  • マーカス:QTE戦闘に負ける/「自分を犠牲にする」などで死亡の可能性あり
  • ルーサー「ルーサーを助け」ない/ボートでの越境などで死亡の可能性あり
  • ノース:(恋人関係だと)マーカスがQTE戦闘で負けると、身替りになる
  • ハンク:コナーの最終局面の選択で死ぬ可能性あり
Up-Down
  • カーラ:ルーサー達を「助ける」選択をするとアリスの信頼度UP
  • カーラ:バスのチケットを盗むとアリスの信頼度DOWN
  • マーカス:行進の最初「平和」>「冷静に」で世論UP
  • マーカス:バリケードの中で旗を立てると世論UP
  • マーカス:バリケードの中で(記者側にある)スローガンを掲げると世論UP
スポンサーリンク