『Marvel's Spider-Man』マーベル スパイダーマン 2018年版)のトロフィー攻略記事です。

今回は、収集物アクティビティに関するトロフィーについてです。
正直なところ、マップのアイコンを追っていればどのトロフィーも解除できます。
記事としてはそれでは寂しいので、基本情報の確認と少し役立つ補足情報をまとめたいと思います。



【収集物とアクティビティ】

収集物とアクティビティ(拠点/チャレンジミッションサイドミッションなど)についてまとめます。

  • 全ての収集物・アクティビティは、マップに位置が表示される
    (要:監視タワーの復旧)
  • ストーリーの進行に応じて、新たな要素が追加される
  • 収集物やアクティビティ自体の進行に応じても、新たに追加される場合もある


ストーリーを進めると最終的には、上記の様なたくさんの収集物やアクティビティが遊べるようになります。 これらはいずれもマップにアイコンが表示されるので、迷うことなく進めることができます
トロフィーも非常に多く設定されていますが、基本的には全てマップの情報と現地での指示で解決できるようになっています。
チャレンジミッションだけやや難易度が高めですが、トロフィーはスコアに関係なくクリアするだけで解除できるので心配ありません。ただしチャレンジトークンの使い過ぎには注意しましょう。


収集物「鳩」の追加について
ほとんどの収集物・アクティビティはストーリー進行に応じて追加されていきますが、収集物「鳩」だけはサイドミッションをトリガーにアイコンがマップに表示されるようになります。
チャイナタウンで発生するハワードのサイドミッションを受注すると鳩の捜索を依頼され、以降表示されるようになります。
(Act.1のうちに発生したはず)


マンハッタン大好き
全エリアを100%クリアする
収集物・アクティビティのトロフィーはたくさんありますが、突きつめればこのトロフィーに全て集約されます。 ストーリークリア後に、全エリアの達成率100%を目指せばほとんどのトロフィーが解除されることになります。 しかもマップに位置情報があるので迷うこともありません。

残る可能性のある(お墓参りなどの)行動系トロフィーは下記の記事を参照してください。


【進め方のヒント】

ゲーム内の情報だけで事足りると思いますが、少し補足情報を記載したいと思います。

タスクマスターが課すチャレンジミッションは、一定数ミッションをクリアすると新たなミッションが追加されます。 チャレンジの中では難易度が低いステルスチャレンジも後から追加されるので、トークンが早く欲しい場合は積極的に消化しましょう。
タスクマスター(チャレンジミッション)関連はトロフィーもたくさんあります。 単純にチャレンジミッションをひとつづつ達成して行くと、イベントが自動発生し、最終的に関連トロフィーが解除できます。
私も最初のうちは、鳩がなかなか捕まえられず苦労しました。操作としては十分に近づいて(およそ30Mを切るくらい) R1L1を押せば捕まえられます。
近づくためのポイント
  • L3で急降下しスイングして加速(鳩と高低差がある時)
  • L2R2でポイント・ジャンプに飛びついて加速
    :スキル「ポイント・ジャンプ・ブースト」
  • 上記2つを活用してスピードに乗ったら、鳩と高度を合わせるように追う

地区毎にアクティビティを消化して100%を目指していると、アッパー・ウエストサイドのリサーチステーションが足りない事態に遭遇するかもしれません。 そうなっても心配はいりません。 他の地区のリサーチステーションを全てクリアすると、新たなリサーチステーションが追加され、最後にふさわしいすこし大がかりな”お仕事”をすることになります。
犯罪イベントは{ギャング・デーモン・囚人・セーブル}4種類もあり残りがちです。 ただ幸いにも、発生する犯罪イベントは、未達成の種類の犯罪が発生するようになっています。(ごく稀に外れる時あり) 犯罪イベントが発生したら、選別なしにどんどん消化していけば効率良く達成率が上がって行きます。
ほんの少し効率をUPさせる方法として、オプションからジェイムソンラジオをOFFする事もできます。 ジェイムソンのラジオが流れている間は犯罪発生の警察無線が聞こえない様なので、OFFにしておけば少しだけ効率が良くなります。
余談ですが、セーブルのジェットパック兵はスキル「カウンター・ストライク」を付けて パーフェクト・ドッジ後のカウンターで1撃死させると楽に倒せます。
スポンサーリンク