『Fallout 76』フォールアウト76) の攻略記事です。

スタッシュの容量不足を解消する救世主となりうるかもしれない大砲についてです。 いくつかの制約とリスクを伴いますが、ギュウギュウの収納箱を緩和する効果はありますので上手く活用しましょう。

コメント欄にて”影のコメンテーター”さんに、情報提供して頂きました。

追記 2018.12.14
【重要】大砲への格納術は修正されました
2018年12月13日のアップデートで修正され、大砲にアイテムを格納できなくなりました。 アップデート前に入れていたアイテムを取り出す事だけ可能です。



【大砲を使ったアイテム管理】

大砲C.A.M.Pクラフトできるアイテムのひとつです。
(「防衛」分類の一番下。作成には設計図が必要)
この大砲を作成すると大砲と一体となっている「大砲用スモークグレネードの箱」が利用できるようになります。 本来は大砲を撃つ時に使用するスモークグレネードを入れておくための箱ですが、ここにアイテムを収納することができます


アイテム管理と謳っているからには、ログイン/ログアウトをしても大砲に格納したアイテムは失われません。 しかし、完全な”スタッシュの代替”としての機能は持っておらず、いくつかの制約とリスクを抱えています。

メリット
  • ログイン/ログアウトをしても格納したアイテムは消えない
  • 武器、防具、弾薬などどんな種類のアイテムも格納可能
  • 重量の制限なくいくらでも格納できる
デメリット
  • システムの穴を突いた、正当とは言い難い使用方法
  • 大砲にはロックがかけられない
    (ロックされたドア付きの小屋に大砲を入れるなどして対応可能)
  • 賞金首覚悟のプレイヤーには盗まれる可能性がある
  • C.A.M.P消失時に、格納したアイテムが無くなるリスクがある

アイテムを保管する機能ではかなり便利に見えます。 一方で正当性の問題や、盗難の可能性、アイテムが消失するリスクなどもあり万能とは言えません。 それでも重要制限の元で不便なプレイを強いられている状況を緩和する効果はありそうです。

あとは自己責任で「最悪、無くなっても良い様なアイテムを管理するための臨時の収納箱」 として割り切って活用するのが良いのかもしれません。
特にアップデートの前には本来のスタッシュに戻したり、自身で保持したりなど何らかの対応をすることをお勧めします。


【大砲の入手方法と活用方法】

固定で100%入手できるかは定かではありませんが、私の場合は下記の場所で大砲の設計図を入手することができました。
入手場所
  1. メインクエストを「Berry of the Beast」まで進める
    (マップ南東のディファイアンス砦に到達して、少し進んだあたりのクエ)
  2. 上記クエストを進めて、最後に砦に戻る
  3. 目標の端末の近くの机の上で「大砲の設計図」を入手
スクリーンショットを撮って安心していたせいで、クエスト終盤で戻る場所がディファイアンス砦だったか少し記憶が曖昧です…。 とにかく「Berry of the Beast」の最後の方に行く場所の、目標の端末のすぐ隣の机の上で入手しました。


カギ付き大砲の作成手順
  1. 土台をつくる(2×2がオススメ)
  2. 大砲を土台の中央に設置
  3. 壁と屋根で囲み、唯一の入口のドアにはロックL2)をかける
  4. 大砲のスモークグレネードの箱でアイテム管理開始


C.A.M.P消失時にアイテムは消えるのか?
「サーバーへのログイン時に他のプレイヤーが自分と同じ場所にのキャンプを設置していると、自分のキャンプが無くなってしまう」問題は知られています。 大砲を含む自分のキャンプがこの事象に遭遇した際にはどうなるのでしょうか?

【結果】
キャンプ消失時は、大砲の中に格納したアイテムは無くなってしまう。

キャンプのクラフトとして、格納→再設置した場合は無くなりませんが、キャンプがかぶって無くなった場合は、大砲の中身は消失してしまいます。 やはりリスクを伴う保管場所として扱うべきの様です。
スポンサーリンク