『SEKIRO』隻狼SHADOWS DIE TWICE)のトロフィー記事です。

今回はエンディングの分岐条件についてです。

エンディングは4種類用意されており、それぞれトロフィーも設定されています。
エンディングの分岐条件を確認したあと、分岐に必要となるキーアイテム(常桜の花氷涙)の入手方法について記述します。


注意事項
  • 本記事はストーリーに関するネタバレを含みます



【エンディング分岐について】

『SEKIRO』には4種類のエンディングがあり、それぞれにトロフィーが設定されています。

エンディングに関するトロフィー
  • 不死断ち
    「不死断ち」のエンディングに到達した
  • 人返り
    「人返り」のエンディングに到達した
  • 竜の帰郷
    「竜の帰郷」のエンディングに到達した
  • 修羅
    「修羅」のエンディングに到達した

エンディングは大雑把に言うと下記の要素によって分岐します。
  • 御子に最後まで従うか/見捨てる
  • 最終局面で御子に与えるキーアイテムの種類に応じて変化


ここでは具体的なエンディング分岐条件を説明します。
【分岐条件1】
2度目の葦名城の天守で、梟(義父の大忍者)の言いつけに対して
選択肢に応じて2つに分岐する
  • 掟に従い、御子を捨てる arrow「修羅」END
  • 掟に背き、御子を捨てない
    (話がもう少し続き、下の分岐へ進む)
【分岐条件2】
(上記で、御子を捨てずに話を進めて) ラスボスを倒したあと、御子に対して
選択肢に応じて3つに分岐する
  • 桜竜の涙を飲ませる
    arrow「不死断ち」END
  • 桜竜の涙常桜の花を飲ませる
    arrow「人返り」END
  • 桜竜の涙氷涙飲ませる
    arrow「竜の帰郷」END


【分岐条件1】の2度目の葦名城とは、仙郷へのアイテムが揃うタイミングのことで具体的には、 葦名の底の破戒僧・落ち谷の獅子猿 の2匹を倒しキーアイテムを入手した時期を指します。
御子を見捨てるとボス戦に突入し勝利すると「修羅」エンドへ。御子を見捨てない場合は、物語が継続し、新たなエリアと最終戦(残り3つのエンド)へと続きます。

【分岐条件2】 桜竜の涙のみを所持した状態でラスボスを倒すと、最後の選択では「桜竜の涙を飲ませる」の選択肢しかありません。 下記の方法で、ラスボス戦前に 常桜の花・氷涙 を入手していると、それぞれ選択肢が増えて異なるエンディングを迎えることができます。

注意
どちらのアイテムも源の宮のボスを倒してしまうと入手が難しくなります。
簡潔に言うなら時限イベントです。 厳密にはイベントが御子(九朗)が影響しないところまで進んでいれば、源の宮のボス撃破後でも入手できると思いますが、その前に手に入れた方が安心です。


【分岐キーアイテムの入手方法】


氷涙
九朗とエマのイベントを進めて、過去の記憶をたどり常桜の花を入手します。
過去の「竜泉川端 平田屋敷」はゲーム序盤と敵の配置が異なり、道中の中ボスから数珠玉2つ入手できます。またボスには討伐トロフィーが設定されています。(どちらもトロコンには必須)

入手手順
  1. を倒したあと九朗と話して、岩戸へ向かう話まで進める
  2. 「御子の間」の裏手の壁に張り付いて「盗み聞き→休憩する」を3回繰り返す
  3. 上の階のエマと話して、依頼に同意する
  4. 休息後、もう一度エマと話す
  5. 「本城 名残の墓」へ移動してエマと話す(2回)
  6. 「荒れ寺」へ移動して、裏手に回って盗み聞きをする
  7. 部屋の中のエマと話し、選択肢で「盗み聞いたことを尋ねる」。話し終えると「義父の守り鈴」を入手
  8. 荒れ寺中の仏に触れると(前回とは少し違う)過去の平田屋敷に飛べる
  9. 平田屋敷の一番奥に進みボスを倒すと「常桜の花」を入手

<参考動画>


氷涙
仙峯寺の御子のイベントを進めて、氷涙を入手します。
イベントを進める過程で2つの蛇柿が必要となります。
下記の手順では「御子」は仙峯寺の御子(少女)を指します。葦名の御子は九朗で表記します。

入手手順
  1. 奥の院で御子からお米を授かり九朗に渡す
    1. 授かったお米は、柿の話をする老婆に渡すなどして消費する
    2. 3回目に御子が苦しむので柿を渡す。※1 その後、九朗用のお米が貰える
      (柿は供養衆から購入/猿のドロップなどでも入手可能)
    3. 九朗にお米を届けて、休憩したのち話しかけておはぎを貰う
    4. 仙峯寺の奥の院に戻り、御子と話す
  2. 御子に「永旅経・蟲賜りの章」を渡す
    1. 仙峯寺の鬼仏「境内」から見える滝の底で「永旅経・蟲賜りの章」を入手する(:水生の呼吸術)
    2. 仙峯寺の奥の院で御子に「永旅経・蟲賜りの章」を渡す
  3. Step.1とStep.2 両方が完了すると、奥の院から御子が姿を消す
  4. 幻廊(子猿を追いかけた場所)に居る御子と話す
  5. 胎内くぐり(仙峯寺本堂の左側の洞窟の奥)で仙峯上人から「永旅経・竜の帰郷の章」を入手
  6. 奥の院で御子に「永旅経・竜の帰郷の章」を渡すと2つの蛇柿が必要と言われる
  7. 2つの蛇柿を入手する
    • 乾き蛇柿:落ち谷「菩薩谷」から獅子猿とは逆方向の毒沼方面に進み、供養衆(商人)の後ろの洞窟を進んだ先(猿を傀儡忍殺して進む)
    • 生柿:「金剛山 仙峯寺」の下の方の凧を傀儡忍殺で敵を倒し揚げさせる。凧を利用して到達した先で(「谷落ちの洞窟」)白蛇を上から忍殺すると入手
  8. 奥の院で御子に蛇柿を渡し、休憩すると扉が閉まる(盗み聞き可能)
  9. 九朗のもとで源の香を完成させたあと、奥の院に行くと扉が開いていて「氷涙」を入手

補足
※1 仙峯寺の御子が苦しみ出すのは回数だけではなく、物語の進捗も影響している模様

<参考動画>


【効率良くエンディングを見るには】

正攻法で行けば4周が必要となりますが、例によってセーブデータを活用することで短縮できます。 エンディング回収のみなら、1周でも可能ですがトロコン全体を考えると2周するのがオススメです。

ラスボス討伐直後にセーブすると3種を簡単に回収できる
まず、常桜の花のイベントと氷涙のイベントは同じ周回に実行可能です。 しっかりと竜の涙・常桜の花・氷涙を揃えてラスボスを倒すと3種類の選択肢が選べます。 しかもラスボスを倒しても御子に触れるまでエンディングへ進まないので、その状態のデータを外部に保存すればボス戦を繰り返す必要もありません。


「修羅」エンドは2周目でもいいかも
1周目でもとの対面直前でセーブしておけば「修羅」エンドを回収した後、残り3つのルートへ進めることも可能です。 ただ1周目のこの段階では強化があまり進んでいない場合もあり、ボス戦に苦戦するかもしれません。 またトロコンする場合は強化素材の入手数やスキル値を稼ぐ意味でも最低でも2周する必要があるので、狼が十分に強化された周回で狙ってもいいかも知れません。
これに加えて「死闘の果て」(全ボス撃破)のフラグが、1周目のデータを使いまわすと埋まらないので2周目に倒す方が良さそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク