『カリギュラ オーバードーズ』Caligula Overdose) のトロフィー概要です。

2019年7月のPSPlusのフリープレイタイトルです。
それなりにボリュームがあり、男女の主人公でクリアする必要があるため2周必須です。 難易度トロフィーは無いのでプレイスキルは必要なく、時間を掛ければプラチナを獲得できるトロフィー構成です。
トロコンまでの時間は、私の場合は難易度HARD ボイスをほぼ聞いて進めて70時間ほどかかりました。 難易度を下げると時短の効果は高いと思いますが、戦闘が簡単になりすぎて退屈になるかもしれません。


【トロフィーリスト】

トロフィー構成 37
オンライントロフィー なし
時限トロフィー あり
1 5 3 28
背景がこの色 の場合は時限トロフィーを意味します。
タイトル 種別 詳細情報
Caligula Overdose - 全てのトロフィーを獲得した
ようこそメビウスへ 帰宅部 μからの呼びかけに答える
秘めた想いを力へ 帰宅部 最初の戦闘を経験する
さあ帰宅部活動開始だ 帰宅部 帰宅部として活動を開始する
モラトリアムを終えに 帰宅部 カギP編をクリアする
自分らしさを求めて 帰宅部 スイートP編をクリアする
欲望と規律 帰宅部 Stork編をクリアする
些細なきっかけ 帰宅部 少年ドール編をクリアする
隠された真実 帰宅部 梔子編をクリアする
過去の栄光 帰宅部 ミレイ編をクリアする
理想の自分 帰宅部 イケP編をクリアする
正義の在り方 帰宅部 シャドウナイフ編をクリアする
純粋な彼女 帰宅部 ウィキッド編をクリアする
一途すぎる想い 帰宅部 ソーン編をクリアする
望みの果てに 帰宅部 ミュウ編をクリアする
心の奥に 行動 誰かのキャラクターエピソードを完遂する
帰りたい理由 行動 帰宅部全員のキャラクターエピソードを完遂する
部長の決断 行動 永至を帰宅部から追放する
μの願い 収集 ミュウの残滓のエピソードを完遂する
ふたつの視点 楽士 楽士たちと共に行動を開始する
初仕事 楽士 美笛&彩声戦をクリアする
変態トリオ 楽士 鈴奈&鳴子戦をクリアする
憎しみの理由 楽士 琴乃&永至戦をクリアする
残念なカリスマ 楽士 笙悟&維弦戦をクリアする
おわりのはじまり 楽士 乱闘戦をクリアする
かつての仲間たちへ 楽士 帰宅部を殲滅する
全てを無に還す者 楽士 アリア編をクリアする
歌に籠められた想いたち 行動 楽士全員のキャラエピソードを完遂する
生まれ変わり 行動 男性主人公と女性主人公でメインシナリオクリアする
友達に囲まれた世界 カウント 友達が100人超える
親友に囲まれた世界 カウント 親密度★の友人が100人超える
学校の真実 行動 21クラスの首謀者の謎を解き明かす
抱えきれない烙印 カウント スティグマを300個以上集める
強さとは カウント 主人公のレベルが50を超えた
世界の探索者 収集 不審な痕跡をコンプリートした
仲良しグループ カウント フィールドWIREを10回以上見る
チャットの達人 カウント グループWIREを10回以上送信する
トロフィーの種別の説明を表示(クリックで展開)
帰宅部 帰宅部ルートでストーリーを進めると自動的に獲得できるトロフィー
楽士 楽士ルートでストーリーを進めると自動的に獲得できるトロフィー
収集 アイテム、武器、防具などの収集に関係するトロフィー
行動 特定の行動(華麗なプレイなど)を行うことで獲得できるトロフィー
カウント 戦闘や移動などを決められた回数行うことで獲得できるトロフィー
戦闘 戦闘で条件を満たすと解除できるトロフィー
難易度 特定の難易度でゲームをクリアすると獲得できるトロフィー
トロフィーの種別は、取得過程の違いに応じて便宜的に付与している属性です。


【注意すべきポイント】

ルート分岐について
『カリギュラ オーバードーズ』にはルート分岐が存在します。 ゲームを開始してわりと早い段階で以下の2つのルートに分かれます。
  • 帰宅部ルート
    帰宅部のみの視点で物語が展開する
  • 楽士ルート
    帰宅部+楽士の視点で物語が展開する
結論から言えば、楽士ルートは帰宅部ルートを内包しています。
楽士ルートでは、メインのストーリーがひと段落する毎に楽士のイベントが挿入される形式でゲームが展開し、 帰宅部と楽士 両方のストーリー・キャラエピソードがプレイできます。
トロフィー視点で見ると、楽士関連のトロフィー(ストーリー・キャラエピソード)が存在するので、最低1回は楽士ルートに進む必要があります。 ちなみに帰宅部ルートでのみで解除できるようなトロフィーはありません


時限要素について
ルート分岐があるので、楽士のストーリーに関するトロフィーは時限トロフィーと言えます
これに加えてもうひとつ注意すべき点があります。それがキャラクターエピソードです。
キャラエピソードは帰宅部・楽士両方のメンバーにそれぞれ用意されており、これらの制覇が条件のトロフィーもあります。 例のごとくエピソードの発生時期や条件が(簡単ですが)時限になっている場合もあるので注意を払わなければなりません。


【注意すべきトロフィー】

「学校の真実」:21クラスの首謀者の謎を解き明かす

このトロフィーは手間と時間がかかるので、ゲーム開始時からその準備をしておくことが重要になります。
詳細はここでは省略しますが、とにかく生徒NPCに話しかけて友人(親密度3)を多くつくることが大切です。 生徒は500人以上もおり、トロフィー達成する頃には少なくとも300人以上とは友人関係になる程度には やり込まなければならないのでプレイ開始時から意識してNPCに話しかける様にしましょう。

「生まれ変わり」:男性主人公と女性主人公でメインシナリオクリアする

このトロフィーのおかげでトロコンには2周必須となります。 ゲームをクリアすればOKなので、2周目はボリュームが少ない帰宅部ルートがオススメです。
また、ほとんどの要素を引き継げる NewGeme+ があるので、その点でも2周目は時間が短縮できます。


【プラチナ取得ガイド】

【大まかな流れ】

男女の主人公でクリアする必要もあるので2周必須です。複雑ではないものの時限トロフィーもあります。 難易度トロフィーは存在しないのでEasyでも問題ありません。

大まかな流れ
  1. 楽士ルートで全てのキャラエピソードを消化しつつシナリオをクリアする
  2. 主人公の性別を変更して2周目帰宅部ルートでクリアする
  3. 収集物と首謀者の謎の解明を完了させる
1周目にしっかり帰宅部・楽士両方のキャラエピソードを完了できれば、トロフィーの7割は埋まります。 残る主要なトロフィーは 収集物不審な痕跡・ミュウの残滓)と首謀者の謎解明(生徒のトラウマクエスト)ぐらいです。
収集物は転送装置を活用すればさほど時間はかからないので時期は問いません。 トラウマクエストは、2周目の攻略道中で友人を増してからでも遅くはないでしょう。


【詳細】

1.楽士ルートでゲームをクリアする
1周目は楽士ルートを選び、以下の点を意識して進めましょう。
進め方のポイント
  • 「鍵なし+親密度0」の生徒を見かけたら積極的に話しかけ友人を増やす
  • この周回で帰宅部、楽士両方のキャラクターエピソードを完了させる
    arrow キャラエピソードは発生したら即消化すると良い)

2.主人公の性別を変えて2周目をクリアする
「生まれ変わり」の解除を目標に、主人公の性別を変えてシナリオをクリアします。 NewGame+で始め、今度はストーリーのが短い帰宅部ルートでクリアすると良いでしょう。
2周目攻略メモ
  • NewGame+では レベル、スキル、スティグマ、因果系譜の親密度 などほとんどの要素が引き継がれる
    (帰宅部・楽士メンバーの親密度は引き継がれない)
  • 引き続き友人を増やすために生徒に話しかける
  • 神楽 鈴奈との親密度は★にしておく
    (エピソード省略に注意。トラウマクエストで必要となる)

3.全ての首謀者の謎を解明する
首謀者は、因果系譜でアイコンの周りにギザギザがついている生徒を指します。 その生徒のトラウマクエストを解決すると謎を解明したことになります。詳しくは下記の記事にまとめています。
あとは収集物とその他の雑多なトロフィーです。どれも取りかかれば、さほど時間をかけずとも解除することができると思います。
スポンサーリンク