『鬼ノ哭ク邦』オニノナククニ) のトロフィー攻略記事です。

今回は 覚醒 に関するトロフィーについてです。
覚醒が発生する確率は低めで、工夫できる余地も少ないため、トロフィーがすんなり解除できるかは運に依存する部分が大きいです。 すんなり行く人もいれば、そうでない人も…。みなさんが前者であることを願います。




【覚醒に関するトロフィー】

  • 戦場の支配者
    :覚醒が10回発生する
  • 閃きを統べる者
    :覚醒が100回発生する
  • 理を創造する者
    :全ての覚醒を発生させる


運次第では鬼門に
覚醒に関するトロフィーの中でもっとも注意すべきは「理を創造する者」(全ての覚醒)です。
解除条件が回数のトロフィーは時間がかかりますが、着実に増えて行く点で安心感があります。 その一方で覚醒の全種類制覇は、運の要素が強く達成までの時間が見通せない不安があります。
トロフィーの取得率で見ると 2つとも取得率が低いトロフィーのトップ3に入っており、 「100回発生の取得率 > 全覚醒の取得率」の関係ですので、覚醒全種類はなかなかの(もしくはかなりの回数)が必要とされると言えそうです。


「全ての覚醒」ってどういう意味?
「理を創造する者」の解除条件である”全ての覚醒”の意味が広すぎで解釈に戸惑うところがあります。
結論から言えば、単純に19種類ある覚醒を発生させればOKで、鬼ビ人の条件は無いと思います。
ただ傾向として、良く使う鬼ビ人は当然技も多く使い、覚醒の回数も増え、種類も増していくので、 結果的にひとりの鬼ビ人に覚醒が集中することが起こりやすく、私の場合もイザナひとりで全覚醒を発生させました。


覚醒は全部で19種類あります。
正確な事は言えませんが、経験・体感的には覚醒の種類によって発生確率は異なり、良く出る覚醒とそうでないものが分かれる気がします。

覚醒一覧
No 覚醒名/効果
1
CT短縮
技のCTが短くなる
2
異常付与
技の状態異常発生率が上昇する
3
鬼哭効果
技の鬼哭中の威力が上昇する
4
会心力
技のクリティカル率・威力が上昇する
5
確率変動
技を発動した時にクリティカル率や状態変化発生率などが上昇する
6
気絶力
技が敵に当たったときに確率で敵を怯ませる
7
緊急回避
技を発動した後のすきをキャンセルして鬼ビ人アクションを行える
8
限界突破
発生した技に影響がある 自動発生する技の効果が上昇する
9
攻撃威力
技の威力が上昇する
10
攻撃上昇
技が当たった時に攻撃上昇が発生する
11
攻撃低下
技が敵に当たった時に攻撃低下がその敵に発生する
12
速度上昇
技が敵に当たった時に移動速度上昇が発生する
13
治癒力
技を発動した時にHPが回復する
14
抵抗力
技の発動中は怯みにくくなる
15
同調率
技が敵に当たった時に同調率が上昇する
16
防御貫通
技を発動する時に防御力を貫通してダメージを与える
17
防御低下
技が敵に当たった時に秒魚低下がその敵に発生する
18
連携攻撃
攻撃した後のすきをキャンセルして技が発動できる
19
領域拡張
覚醒効果を設定できるスロットが1つ増える
(スロットが増える効果であり、セットできる覚醒一覧には表示されない


【覚醒を稼ぐには?】

言うまでもありませんが 覚醒を多く出すには、「とにかく技を繰り返し出す」以外に方法はありません。
覚醒率をUPさせるなど補助する要素は少しありますが、圧倒的・絶対的に技を多く出すことが重要です。 なお経験上空振りでは覚醒したことがないので、しっかり当てる必要があると思います。


覚醒率を上昇させる影石(武器に装備する)が存在します。
「複数つけると効果が重複するのか?」が気になりますが…「覚醒率 」と「覚醒率 」など同名影石の併用を禁止する仕様から推測すると、重複すると思いたいです。

覚醒率UP効果のある影石
<入手方法>
  • 「覚醒率 極」「ジュバク」輪廻の聖域に出現する敵からのドロップ
  • 「九十九」輪廻の聖域の最終層(101階)のボスからドロップ(100%ではない)


輪廻の聖域
輪廻の聖域の初回攻略時に覚醒を意識して進めて、「クリアまでに100回達成&全種類制覇する」のが(高めの)理想です。 クリア後でも敵がたくさん出る場所ですし、ドロップ品もそれなりの価値あるので狩り場に向いていると言えます。
敵が湧くポータル
YouTube 「Farming Awakenings」(覚醒稼ぎ)動画で紹介されていた場所です。敵が無限に湧くので移動の手間が省けるのが利点です。 ただ湧くまでの待ち時間もあるのでテキパキ動きたい人には向きません。
ボス連戦
輪廻の聖域のボスを連戦する方法です。ワープ移動および難易度変更するだけでも再出現します。全く根拠のない個人的な意見ですが 覚醒回数/技の回数 だけで見ると「ボス戦は覚醒する確率が高い」様に感じました。 ただ発生する覚醒の種類(攻撃威力 とか)に偏りがあるような…。


【資料:解除時のデータ】

私の場合、『鬼ノ哭ク邦』のトロフィーの中で「理を創造する者」が最後に解除したトロフィーであり、最も苦労し やきもきさせられたトロフィーでした。 あまりにも最後の1種類が出なかったため、「鬼ビ人や技に何らかの制約があるのでは?」と疑ってしまったほどでした。
運悪く、私と同様に覚醒の全種制覇の沼にハマってしまった人たち向けに、私が達成した際の鬼ビ人や覚醒の情報を載せておきたいと思います。


時期と鬼ビ人の状態
時期
  • 1周目輪廻の聖域(101層)では達成できず、さらにおおよそ40層分消化した辺りで達成
  • トロフィーの中では一番最後の解除となった
鬼ビ人 当初はアイシャイザナの両方で試していたが、途中からイザナに一本化
(あまりにも発生しないので、他のプレイヤーが達成実績のあるイザナに絞った)
技(覚醒数)
  • シリアル(15)
  • リーパー(12)
  • フォース(8)
  • トリック(8)
  • ネメシス(4)
  • パラレル(2)
  • グレイス(1)
覚醒 抵抗力限界突破の二つがなかなか発生しなかった
鬼塊 達成までにイザナ78個・アイシャ42個貯まった
スポンサーリンク