『ファイナルファンタジー7 リメイク』
Final Fantasy VII REMAKEFF7R) のトロフィー攻略記事です。


今回は 難易度HARDの進め方 ヒントとコツ についてです。

『FF7R』は武器やマテリアの組み合わせでさまざまな戦い方が可能です。 難易度HARDにおいても多様な戦術が選べるとは思いますが、ひとつの選択肢として装備の整え方や戦闘のポイントをまとめてみました。




【難易度HRADについて】

難易度HRADはいずれかの難易度で一度ゲームをクリアすると解禁されます。 同時にチャプターセレクトも可能となり、リプレイする章を選ぶ際に難易度が選択できます。

全ての章を難易度HARDでクリアするとトロフィー「全てを超えし者」が解除されます。 全章をぶっ通しでクリアする必要はなく、順序は問われず最終的に各章をHARDでクリアすればOKです。


  • 敵が強化される(NORMALよりかなり強い Lv.50で丁度良いくらい)
  • 一部のボスは新たな攻撃パターンが追加
  • ベンチでHPしか回復しない。MPは章を跨がないと回復しない
  • 戦闘時、フィールドでもアイテム使用不可

MP管理がとても重要に

敵が強くなるのは当然として、休憩でMPが回復しない常時アイテム使用不可 という制限が追加になります。 すなわち限られたMPを上手く使って章をクリアする”必要があります。

といってもMP回復手段が完全に断たれたわけではなく、序盤の章はさほど難しくありません。 本格的にMPを意識する必要があるのは、ボスが2体以上居る章や、終盤になってからです。

<MP回復手段>

  • オブジェクトを壊して魔晄を見つけるとMP回復
  • 戦闘中はほんの少しづつMP回復(武器よって回復スピードが異なる
  • エアリスのアビリティ「アスピル」


【HRAD向けのマテリア・武器】

難易度HARDにおいて、重要となるマテリア武器の特性についてまとめました。


マテリア

組み合わせ次第で様々な戦略が立てられます。
多様な選択肢があると前置きしたうえで、HARDで役立ちそうな代表的なマテリアを取り上げます。


はんいか
1周目でも活躍すると思いますが、HARDではさらに重要度が増します。
  • はんいか+かいふく:全体を回復する
  • はんいか+属性の魔法:複数の敵を同時攻撃
状況に応じて使い分けると利便性が増します。雑魚戦では範囲化した魔法攻撃が便利で、せんせいこうげき も一緒に装備するとより強力です。 ボス戦では全体回復ができると安定感が増します。
ぞくせい
こちらも2つの使い方があり どちらも重要です。
  • 武器に装着:攻撃力を底上げ(弱点だとなお良い)
  • 防具に装着:敵の属性攻撃を無効化/吸収
武器に装着しても強力なのは言うまでもありません。HARDでは一部の強敵の対策として防具に着けると、属性攻撃を無効化/吸収でき 難易度を大幅に下げることができます。
HP/MPアップ、マジカル
ステータスUP系も装着しておきたいマテリアのひとつです。HARDを始める頃はまだ十分レベルが上がってなくても 最終的には50%もアップするので、有用性と育成の意味でも着け続けたいマテリアです。
せんせいこうげき、ガードきょうか

せんせいこうげき雑魚戦で活躍するマテリアです。範囲化した魔法やクラウドのラピッドチェインと一緒に使えば、中盤くらいまでは雑魚戦は苦労しません。

一方 ガードきょうかボス戦で重宝します。ガード時のダメージを低減するだけでなく、ガード成功時はATBも増える優れモノです。 ボス直前になったらせんせいこうげきの代わりに着けると丁度いいと思います。

いのる

MPを消費しない貴重な回復手段となります。ATB2ゲージ消費するのが難点ですが、雑魚戦終了直前の回復やボス戦での緊急回復手段としても役立ちます。

MAXまで上げるのにそれほど苦労しない点も魅力です。個人的にはバレットとの相性が良いと感じました。ちなみにチャクラは微妙です。

じかん、バリア
難易度が上がるとバフの重要度が増すのは必定――。今回も例に漏れず効果は高いです。 無くても乗り切れますし、目に見える効果として表れにくいですがやはり役立ちます。ヘイストはMPコストが低く非常に使いやすいです。バリア系は消費が激しいのでタイミングや、範囲化を検討して使いましょう。


武器

武器レベル6になると全ての武器が6つの穴を持つようになり、マテリアの拡張性の優劣は無くなります。

雑魚戦なら単純に攻撃性能のみで武器をチョイスしても問題ありませんが、ボス戦は以下の特徴も考慮して武器を選ぶのも戦略のひとつです。


ラストリーヴ
”一度だけ戦闘不能を、HP1で踏みとどまる” しぶとく生き延びる便利な特徴です。

連続攻撃には脆いですが意外と助かる場面も多いです。一方で「戦闘の直前からやり直す」ことができたり、強敵相手ならレイズを着けることも多いので必須という訳ではありません。

MPスピード50%UP
戦闘中のMP回復速度が1.5倍になる能力です。HARDではボス戦が長期化しがちなので効果を発揮しやすいと言えます。 MPスピード10%UP は正直微妙なので、選ぶなら50%の武器を使いましょう。(下記の3つのみ)

MPスピード50%UPの武器

  • クラウド:ミスリルセイバー
  • ティファ:ソニックフィスト
  • エアリス:シルバーロッド
回復MP消費20%Down
”戦闘中の回復魔法のMP消費が20%ダウンします” 20%は微妙にも感じますが小数点切り上げで計算している様で数値以上の効果があります。 (リジェネは通常6消費が4消費に(33%Down))

攻撃MP消費20%Downも同様に魅力的な能力ですが、回復の使用頻度の方が高そうです。

回復MP消費20%Downの武器

  • クラウド:ツインスティンガー
  • バレット:アサルトガン
  • ティファ:ソニックフィスト
  • エアリス:シルバーロッド


神々の黄昏を手に入れよう

バトルシュミュレーターの最高難度のバトル★7をクリアすると報酬として強力なアクセサリ「神々の黄昏」が手に入ります。

「戦闘開始時にリミットMAXかつ、戦闘中徐々にリミット増加」の効果を持ち、終盤のチャプター攻略に大いに役立ちます。

arrow モルボル・隠しボスの倒し方



【戦闘・進め方のヒント】


  • 雑魚戦は先手必勝
  • 雑魚戦は 「せんせいこうげき×2人+クラウドのラピッドチェイン、範囲化した魔法」だけで多くの敵に対応できます。 終盤の章になるとHPの高い敵も出てきますが、まずは先手を取って数を減らせれば優位に戦うことができます。

  • いつでも敵の情報を確認できる
  • 一度「みやぶる」を実行していれば、以降は戦闘中にタッチパッドを押すだけで何度でも解析情報を確認できます。 敵がリフレクや属性を変化させた時もしっかり反映されるので、気になる時はすぐ確認しましょう。

  • 弱点とバースト方法をチェック
  • 1周目はバーストさせなくても何とか倒せたボスも、HARDではHPが増えていてバーストなしでは苦戦必至です。 説明文だけでは分かりにくい部分もありますが、敵のHEAT状態などをヒントにバーストを狙いましょう。

    バーストゲージを上げるアビリティ

    • クラウド:ハードスラッシュ(大)
    • バレット:フュエルバースト(大)
    • ティファ:バックフリップ(中)
  • ガードは大事
  • 被ダメを押さえてMPを温存する意味でガードは重要です。あまりガードを使わなかった人もHARD攻略開始を機に、挑戦してみるのも良いと思います。

    クラウドはカウンターが使えてガードの使用頻度が高いのでガードきょうかのマテリアを着けたいところです。 最大まで強化すれば、ダメージ低減だけでなくATBもかなり得られるので非常に役立ちます。

  • キャラ切り替えを活用
  • 基本的には”敵は操作キャラクターに攻撃を仕掛けてくる”傾向があります。 逆に言えば残りの2人は自由に動けるケースが多くなるので、回復やバフは非操作キャラがした方が中断されづらいです。 またキャラ切り替えを増やすことでダメージが分散されピンチになる確率が下がり、範囲化した回復の恩恵が得やすくなります。



  • フィールドにあるオブジェクトの破壊は貴重なMP回復手段
  • オブジェクトはデータのロードで復活するので、どうしてもMPが足りない時はロード→破壊を繰り返せばMPを回復できる
  • フィールドのベンチの位置を意識して、HP回復に余計なMPを使用しない
  • 戦闘中のタッチパットと同様に、メニューのエネミーレポートを活用して敵を情報を知る
  • HARDではボス撃破時や一部のクエストの強敵からスキルアップブックが得られる
  • 武器レベル5→6で大幅に強化されるので、レベル6になったらポイントの見直しをする
  • 1周目に取得可能なスキルブックを全て取っていれば、HARD攻略前にCHAPTER17に飛んでバトルシュミュレーターのスキルブックを得ると武器レベル6にできる
  • HARDプレイ中は章を最後まで進める(HARD完了フラグを意識)
  • チャプターセレクトする場合は、章の冒頭で行う
  • チャプターセレクトで宝箱は復活するが、貴重な装備・マテリアは再入手できない
    (店売りしない様な貴重な品はほぼ再入手不可)


【要注意チャプター】

実際にプレイして躓いたところや気になった章について補足しておきます。


CHAPTER 11

ボス級の敵が2体出現することとエリゴルのリフレクに注意です。

エリゴルにある程度ダメージを与えるとリフレクを張り空中に移動します。 HARDではこの際、エリゴルだけでなくこちらのPTメンバー全員にもリフレクをかけてきます。
敵のリフレクはデスペルで解除できますが、PTメンバーのリフレクは対処が難しいです。

私の場合はPTメンバーのリフレク解除方法を、戦闘不能になること以外思いつかなかったのでATBに余裕がある状態で意図的に死なせることで対応しました。 回復をいのるで代替する手もありますが、ATB2ゲージ消費するコスパの悪さがネックです。

CHAPTER 17

戦闘回数が多く、ボス級の敵も4体も居るのでMP管理が重要になってきます。 丁度バトルシュミュレーターもあるので、ここまでに「神々の黄昏」を入手しておきたいところです。

主な強敵

  1. ソードダンス:(クラウド・バレット→ティファ・エアリス)
  2. ジェノバBeat:(クラウド・ティファ・エアリス)
  3. ルーファウス:(クラウド)
  4. バレットガンナー:(バレット・エアリス)

クラウドは3戦もあり最後はソロなのでMPを温存しましょう。ティファはジェノバ戦で全精力を傾けて問題ありません。 バレットガンナー戦は遮蔽物を活用すれば被ダメを押さえられます。MPが足りなくなりそうなら最終形態までにアスピルで補充しておきましょう。

CHAPTER 18

HARDのラスボスはかなり強いと感じると思います。特にHPが減ってからは動きが速く攻撃も激しくなります。

対応方法

  • 召喚獣を呼んで攻撃する
  • 操作キャラは防御しつつ、他のメンバーの魔法・アビリティで攻撃
  • リミット技で攻撃

ここでもリミット技が活躍します。クラウド・ティファに神々の黄昏トランスポーターを着けて一気に仕留めましょう。

スポンサーリンク